恋愛 理想の人

恋愛における理想の人とは

ハート

よく恋愛における理想の人はという質問に、容姿や経済的条件などで答える人がいます。背が高い、スタイルが良い、年収が多いなどがその例です。たしかに、どれも魅力的でそういう異性がいれば素敵だろうなという条件ではあります。しかし、これらは一般的な好条件であって、自分にとっての理想とは違います。多くの人が、恋愛をしようとしたけど理想の人がいないと嘆く理由はこの違いを理解していないことにあります。

恋愛における理想の人とは、自分は好きだ、あるいは自分にとってこういう異性がいれば幸せを感じられるというような人のことです。もう少し極端な表現をすると、自分以外の人はまったく魅力を感じないかもしれないけど、自分にとっては唯一魅力を感じることができる異性となります。定義づけは難しいですが、恋愛をしている場合、ほとんどの人は無意識にこの理想を追いかける形で行動しています。

たとえば、いつも仕事の合間の休憩時間にお茶を飲みながら雑談をしていた男女が、やがて恋をする仲になったとします。あとでその2人の友人たちが馴れ初めを聞いてみると、いつも映画について雑談をしていたことが多く、それも世間的にはあまりヒットしなかった作品が話題になることが多かったと言います。

つまり、その2人は、他の人は面白いと思えなかったものに魅力を感じ、自分と同じような感覚をもっているお互いに、魅力を感じたということです。そもそも、いつも同じような時間に休憩をとっていたというところから、気が合っていたといえます。無意識に、自分が好きだと思えるものに共感してくれる理想の人を、2人は見つけたわけです。

まだ理想の人が見つからないと悩んでいる人は、もう一度落ち着いて自分だけの理想というものを思い描いたほうが良いでしょう。一緒に食事をしていて安心できる人、もう引退してしまったスポーツ選手のプレイに夢中になっている人など、些細なことで構わないのです。世間一般ではなく、自分が幸せに感じられるものに共感してくれる人について考えてみるのが、理想の人に近く第一歩です。