社内恋愛

社内恋愛時に気をつける事

社内恋愛

仕事をしていると一日の中の大半の時間を社内で過ごすようになりますので、同僚と過ごす時間が長くなります。 一緒にいる時間が長くなれば、恋愛関係にも発展していきやすいですが、社内恋愛をする時には注意しておいた方がいい事もたくさんあります。

片思いをしている時は、少しでも仲良くなりたいと思うようになりますが、あからさまに好意をアピールするべきではありません。

仕事中に仕事以外の感情を表に出してしまうと、相手から嫌がられてもいけませんし、周囲からもどう思われるかわからないからです。

仕事中はあくまでも仕事に集中をするようにし、仕事が終わってから食事に誘うなどをしてみたほうがいいでしょう。 仕事後二人で食事に行くのであれば、周囲に気を使う必要もなくなる為、プライベートな話もしやすくなります。 相手も自分に好意を抱いてくれているのがわかったら交際を申し込んでみるタイミングともいえるでしょう。

カップルになる事が出来たら、他の同僚達に交際していることを明かすかどうかを考えなくてはなりません。 交際していると伝えておいた方が、変に勘繰られる事もなくなるので楽とはいえますが、別れた時に周囲に気を遣わせることになるかもしれませんので、考えどころです。

何かのきっかけで知られることになったと場合でも、やはり片思いの時と同じように、会社ではあくまでも同僚として過ごすようにし、イチャイチャするような事をしてはいけません。

仕事中も一緒にいることが出来るので嬉しいに違いはありませんが、周囲が仕事に集中できなくなってしまいますし、仕事とプライベートは切り離して考える必要があります。

社内恋愛から結婚に至る時には、報告をするのは同僚からではなく直属の上司に報告するところから始めるようにしましょう。

先に同僚に知らせてしまうと、噂だけが独り歩きするようになってもいけませんので、同僚ではなく上司から報告をするようにして順番は守らなくてはなりません。